リウマチ病状

リウマチ寛解・完治に向けて進んでいます

リウマチの症状緩和

関節の痛みが小さくなってきた

現在のリウマチの治療履歴は以下の通りです。

あわせて読みたい
リウマチの数値と投薬状況まとめリウマチの数値 リウマチでは、関節破壊の進行状況や薬の副作用の有無を確認するために、検査を行います。 私は目で確認できる程度に関節は...

季節が9月に入って、リウマチの関節の痛みが少し和らいできました。

正直、何が原因で症状を緩和してきたのかはっきりとは分かりません。リウマチってそんなもんなので。

ですがおそらく、7月から高い医療費を払って始めた生物学的製剤エンブレルによるものだと思われます。

生物学的製剤 エンブレルの効果が出るまで

生物学的製剤であるエンブレルの自己注射を始めたのは7月でした。

最初の一か月間は何も変化がありませんでした。

こんなに高い薬代を払って、しかも自己注射というやや辛い事を行いながら、変化がないってどういうこと?と、若干の苛立ちを感じてはいました。

一か月半を過ぎたあたりから、前よりなんとなく強い痛みが減ってきたかも?と感じるようになってきました。

また、痛みの感じ方が変わってきた頃にちょうど病院での定期血液検査がありました。なんとそこで、炎症の数値が小さくなっていました。

主治医の先生曰く「はっきりとしたことはわからないけれども、血液検査の炎症の数値の下がり方から、もしかするとエンブレルが良いのかもしれない」とのことでした。

リウマトレックスは服用始めて半年が経ちますが、私とはイマイチ相性が良くないのかもしれません。

私の場合、エンブレルの方が変化がありました。実感できる効果が出るまでだいたい2か月くらいかかりました。

でも、エンブレルで一気に変わったわけではなく、現在、じわじわ徐々に徐々にゆっくりではありますが、関節の痛みが変化し始めてきています。

まとめ

つらくが苦しいと思っていたリウマチですが、寛解完治に向けた兆候が見られてきました。

このままゆっくりでもいいので、何事もなく関節の痛みが消える方向に向かうことを願う毎日です。

エンブレルの投薬を迷っている方もいらっしゃると思います。

正直エンブレルはかなり高額な医療費がかかります。

でも、治療を行わないまま、関節がどんどん破壊され、動けなくなる方がより経済的な損失が大きくなることが予想されます。

エンブレルをはじめとしたリウマチの薬は個人差が大きく、 効果があるかないか試してみないとわからないのが実情です。

私もリウマトレックスでは変化がないですし、エンブレルは変化が出るまで1ヶ月半以上かかりました。
でも、効果が出る可能性がある薬です。

効果がなかったらやめればいいので、まずは主治医の先生とよく相談して、一度試してみることをお勧めします。