日常工夫

口内炎用の薬(トラフルダイレクトの使い心地はいかに?)

突然の口内炎の発生

口内炎が自然発生

今まで、物理的に舌や口を噛んでしまわない限りできることのなかった口内炎が、自然発生的にできてしまいました。

口内炎は3カ所。下唇の裏側に直径5ミリ程度と直径3ミリ程度のものが2つ、舌先に直径1ミリにも満たないものが1つです。

マウスウォッシュも口内炎にしみて使えない。

唇の調子も良くない

また、普段冬でも乾燥しない、リップクリーム不要なタイプなのに、くちびるがガサガサ。

お口周りのトラブル多発。

口内炎が出来た原因は?(リウマトレックス、メトトレキサート)

口内炎ができた理由は、関節の痛みからなどからのストレスとも考えられるし、薬の副作用とも考えられるし、免疫が低下しているため感染症の可能性も考えられます。(要は原因はなんだかわからない)

口内炎の症状・原因|くすりと健康の情報局

見たところ、”赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い 潰瘍”なので、アフタ性口内炎と自己判断。(あまりにも治らないようであれば、病院に行く予定)

後日、主治医の先生に、リウマトレックス(メトトレキサート)は口内炎ができやすい薬だと教えてもらいました。

(塗り薬も出してくれました)

市販のくすりと常備薬の飲み合わせを薬剤師さんに確認

口内炎は市販の薬がありますよね。最近よく CM で宣伝しているかと思います。

効くかどうかは全然わかりませんが、物理的に口内炎を保護したかったので、パッチタイプの口内炎薬を使いたいな、と思い、念のため薬剤師さんに相談してみました

結果、現在リウマチの薬として投薬服用しているエンブレルとリウマトレックス(メトトキサート)と口内炎の薬の飲み合わせには問題がないそうです。

口内炎を物理的に保護したくてトラフルダイレクトを購入

近所のドラッグストアで取扱があったトラフルダイレクト

飲み合わせに問題がないとのことなので、トラフル ダイレクトを購入。

トラフルダイレクトの使用感

今回できた口内炎対して、トラフルダイレクトの大きさはギリギリでした。

まずはどんなものかを確認するために、食事・ 入浴後の歯磨きの後に貼ってみました。

苦味といった味は特に感じられず。

場所が場所だけに、”貼ってる”という違和感はありました。

ワクワク。ワクワク。

・・・2時間後、シールのふちがよく当たるような気がして、剥がれてきたかなと思い鏡で確認したところ、違和感を感じていたふちの部分以外、溶けてなくなっていました。

トラフルダイレクトは”ダイレクトに患部に薬を塗れる” という製品でした。

トラフルダイレクト 食事中の使用感

なので、検証第2弾、食事の前に貼ってみて、食事中にどうなるかを試してみました。

食したものは、ごはんとお肉とお野菜です。

結果、食事中にしみることも、食事の味も特に変化しませんでした。

(今回は味覚を感じる舌への貼ったわけではなかったからかもしれません)

ただ、トラフルダイレクトを貼った部分は表面がつやつやになるため、どうしても咀嚼中に舌先につるつる感を感じるため多少の違和感はありますが・・・

下唇の裏という場所で、唾液がたまりやすかったためか、食後20分程度で大部分が溶けてなくなりました。

ちなみにおそばに関しては、汁気にやや負け気味。

治りかけに傷をつけ、口内炎再発

治りかけに口内炎部分を噛んでしまったので、再度使用w

口内炎部分ってでっぱっているため、再度口内炎部分を噛んでしまい、また口内炎になってしまうって、私たまにやらかしてしまうのですが・・・

口内炎を物理的に保護することは、こういった噛んでしまうといったことも防げるので、なかなか効果があると思います。

トラフルダイレクト以外の口内炎パッチ薬

大正製薬のこちらの薬は、フィルム状のパッチみたいです。

(私がイメージした薬はこっちだったみたい)

トラフルダイレクト入手に関して

トラフルダイレクトは、近所のドラッグストアでは薬剤師さんと店内を探し回ることに(なぜ?マイナーなの?)

口内炎用のくすりは、まだまだ普及率が成長段階なのかな。

意外とドラッグストアで製品もネットで購入した方が、探し回ったり、品ぞろえがなかったりといったことに振り回される必要がないので、ネットショッピング向けの商品かも。

入浴剤も近所のドラッグストアでは1店舗しか取り扱いがなく、しかも大容量のは置いていませんでした。

まとめ

顎関節症のあごの反対側に口内炎ができてしまったため、なかなか大変w

なにかと難儀です。