日常工夫

スプレータイプの日焼け止めで日焼け対策(リウマチ患者も必須)

「関節リウマチの患者に日焼け対策が必要なのか?」を調べていたら、こんな記事が。

メトトレキサート(リウマトレックス®) | 帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ/研究室

どうやら、現在私が服用しているメトキシレート(MTX、リウマトレックス)は日焼け対策を行った方がいいみたいです。

今年は梅雨明けも早く、日差しが強烈なためか、屋内にいても、窓のそばにいると、腕がなんとなくひりつくなーなんて思っていましたが、もしかするとこの辺にも理由があるのかもしれません。(真偽のほどは不明。気のせい感も)

また、私は使用しておりませんが、湿布薬モーラステープは副作用として光線過敏症を引き起こす可能性がありますので、使用している場合日焼け対策は必要かと思います。

ですが、肩や指が痛いため、日焼け止めを塗るのは一苦労です。

特に最近指が猫の手状態なもので・・・

今まで普通につかってきた塗るタイプの日焼け止めがキレイに伸ばせません。

(ちなみに日焼け止めはなんだかんだで下記のタイプのが安くて効果ある気がしてます。香りが日焼け止め感すごいけど・・・。紫外線吸収剤が良いのかな?)

じゃあ、スプレータイプの日焼け止めだ、と使用し始めましたが、スプリカンテ思いの外指先の力が必要なんですね。体の調子が悪くない時には気づきませんでした。

最初に買ったスプレータイプの日焼け止めは、スプレー部分が固すぎて、指の痛みが強くなるにつれて使うのが大変になっていきました。

次に購入したスプレータイプの日焼け止めのアネッサは、スプレー部分がそんなに固くないのでまだ使いやすかったです。(値段が高い方が容器もしっかりしてるのかな・・・?)

本当はスプレーやミストは補助的に使用するものだそうです。

今は、致し方がない。

【皮膚科医が教える】市販の日焼け止めの最強おすすめ人気ランキング20選【2018年最新版】 | mybest

 

スプレータイプの日焼け止めの口コミに良く書かれているのは、「あまり効果がない」といった事。

確かにスプレータイプの日焼け止めは、さっとスプレーする感じだと、日焼け止めの密度が塗るタイプよりもやけやすいかな?という印象です。

よく日焼け止めの正しい塗り方で ① たっぷりと塗る、② こまめに塗りなおす と言われていますよね。

スプレータイプもたっぷり使えば、ある程度効果が見込めるのではないかと考え、たっぷり使うようにしています。(スプレーするときは屋外で)

anessa.shiseido.co.jp

ミストタイプの日焼け止めを探しているのですが、今のところよさそうなものは見つけられてません。

無印良品でミストタイプの 日焼け止めが売っているみたいなので、

今はアネッサがなくなったら、購入してみようかなと思っています。

まあ、基本的にミストタイプは塗布後に、手で伸ばすものみたいですが。

無印良品 | 日焼け止めミスト SPF35SPF35・PA+++ 50mL 通販

ですが、指がうまく動かせない分、日焼け止めの塗りムラも発生しやすいことが予想されます。

なので、日焼け止めの使用と並行して、日傘、帽子、パーカー、カーディガンで物理的にシャットアウトするようにしています。