リウマチ病状

公的医療制度 リウマチとお薬手帳

関節リウマチの投薬治療では、薬も副作用がおきていないかモニタリングを行うため、1か月に1度通院し、血液検査を行っています。

そのため、処方箋も1か月に一度もらい、薬局を受診しています。

2016年4月より、6か月以内に利用した薬局で再度調剤してもらう時におくすり手帳を提示すると、薬歴管理料が120円、3割j負担で40円安くなります。

ただし、6か月以上利用していない場合や、病院前で営業する門前薬局では、おくすり手帳を提示しても値段変わりません。

おくすり手帳、薬局に持参しないと医療費が高くなる 2016年4月から

私の場合、初回の薬歴管理料530円、1か月後の薬歴管理料410円で、差額120円、自己負担額で40円安くなりました。

1か月に1度、副作用の発生を確認するための血液検査を受けているため、1ヶ月に1度通院し、処方箋をもらっており、薬局に行くのも1か月に1度です。

たかが40円されど40円。

お薬代が4000円だとしたら1%。クレジットカードの還元率と一緒です。(私の実際の薬の負担額は違いますが)

どうせ現金で払うならクレジットカードでポイント貯めようというのと同じ感覚で、

どうせ薬を処方してもらうならおくすり手帳持参しよう。と考えれば、手間もそこまでではないので同じようなものかと思います。

またおくすり手帳は、普段から持ち歩いていれば、もしもの時の備えにもなります。

https://www.chemi-jyo.com/?p=177

持ち歩くだけであれば、そこまでの手間ではないので、持ち歩くようにしています。

少しでも気分を上げるため、お薬手帳ケース使用中。

https://www.chemi-jyo.com/?p=103