日常工夫

おしゃれで機能的なスイッチ式電源タップ(コンセント抜き差しの工夫)

指の関節が腫れてくると、力を入れてつまむと言う動作が行いづらくなってくるため、コンセント抜く動作が大変です。

 

 

「プラグの抜き差しが辛いのであれば、抜き差しをしなければいい」

そんな、マリー・アントワネット的な発想。

 

 

要は、コンセントの抜き差しが億劫になったので

スイッチ付きの電源タップを使ってコンセントを増設。

 

タコ足配線状でプラグを挿しっぱなしにして

使う時だけ使用する電化製品のスイッチをONにすれば、

コンセントの抜き差しをする必要がなくなるというだけです。

 

 

スイッチ式の延長コードだと、なかなかオシャレなものが見つからなくて(検索力不足?)①スイッチ式で②そこそこおしゃれで③手頃な値段という観点で

エレコム 電源タップ 雷ガード 個別スイッチ ほこりシャッター付 6個口 2.5m ブラック T-K6A-2625BKにしました。

 

 

色はブラウンとブラックを持っています。

他にも濃いピンクとかあったり、そこは好み。

エレコムオンラインショップ

 

 

プラグの部分には絶縁キャップがあるので、安全性は高いかと。

 

 

 

こここら余談ですが、私は家の電源タップは全て、トラッキング対策を行っています。

 

以前にトラッキング現象で電源タップがパン!いう音をさせ、火花が散り、電源タップの差し込み部分が黒くなるという、軽い恐怖体験をしたからです。

 

しかも、電源タップは布団のすぐ近くにありました。

 

 

コンセント火花体験以来、トラッキング対策として2つのことを行っています。

 

① 使用しているコンセントにはコンセントカバーを使用する。

② 使用していないコンセントはふさぐ。

 

 

ホコリシャッターは、コンセントとプラグの間にはさむことで、プラグに埃がたまるのを防ぐものです。

 (残念ながら、100円ショップで見かけたことはありません)

 

コンセントをふさぐのはコンセントキャップというみたいですが

100円ショップに取り扱いがありました。

 

ダイソーとセリアですが、私はSeriaで購入しました。

シンプルでインテリアを邪魔しない見た目です。

 

 ダイソーやネットのコンセントキャップは、段差があるみたいですね。

 

 

トラッキング対策は十分に行ってください。