リウマチ病状

関節リウマチ 痛みのある部位(診断後4ヶ月、発症後7ヶ月程度)

リウマチの症状を体の部位で記載

2018年6月時点でのリウマチの症状(部位ごと)

4月までは主に下半身で激痛が発生。
5月くらいから、上半身で激痛、下半身は鈍痛。
6月はひざと肩が特に激痛。左ひざは可動域がやや狭くなり、しっかりと曲げることが出来ない。

左膝

可動域が若干小さくなる。歩くには、曲げなければいいため、不格好だが歩ける。けれども、階段がムリ。

風呂も高さの低い椅子に座るのがつらくなり、最近はたちっぱなし。

浴槽に入るのにも一苦労。(手首も痛いから、ひざをかばってうでで体を支えることもできない)

右膝

痛い。可動域はほぼ支障なし。

足首

痛い。くるぶしが腫れていて、骨の部分が前より埋もれてしまった気がする。寸胴な足首に。

両足指

痛い。でも、優先順位は低め。

足の裏

足の裏全体に違和感&朝はこわばりがあり、床に接触すると痛い。

スリッパ履くとクッションになるため、少し痛みが和らぐ。

一般的には、足の裏の違和感や痛みがリウマチ特有の症状と言われています。典型的なリウマチさんだといえます。

足の指の付け根(親指側)、左足の指の付け根(小指側)

若干くの字になっている。今まで外反母趾じゃなかったのに、突然の外反母趾風。

右股関節

右股関節…たまに鈍痛と激痛の間の痛み発生。自分でさすることで痛みを紛らわしている。(変態ではない)

両肩

朝のこわばりが一番ひどいのが両肩。

体を左右に動かすと痛みが走るため、朝一にベッドから起き上がれない一番の原因。

左ひじ

少し痛い。

両手首

激痛。個人的に、関節内で一番固定しても不自由になりにくい部位No.1と考え、サポーター着用中。(サポーター使用は主治医の先生OK)

両手第二関節

初期は右の中指、薬指のみ。最近は左の薬指と右手の小指以外、腫れている。

左手第三関節

そこそこ腫れている。クリームパンみたい。日によっては結構な痛み。

右顎関節

痛みで口が大きく開かない。(最小で2cm程度)堅いものを噛むのがつらい。食事が面倒くなる時がある。

鎖骨

たまに鈍痛?違和感を感じる。

まとめ

以上、各部位の痛みでした。

初期のころは、日によって症状が出る関節が違っていました。
最近はどの関節もコンスタントに痛みがあります(痛みの強さはランダムだけれども)

自分の体調なのだけれども、刻一刻と変化する上に、いろいろな環境要因で変動するため、全然把握できていない・・・

先生に言われ続けているが、関節リウマチは長期戦。どう向き合っていくか。